喜怒哀楽の激しさは、その感情とともに実力までも滅ぼす。

喜怒哀楽の激しさは、その感情とともに実力までも滅ぼす。

先週の土曜日は雨のなか山登りをしてきました。まるで予定されていたかのように一日中雨の中を歩いていると最後の山の上で休憩したあと、それまでの天気が嘘だったかのように晴れ渡り、思いがけず雨上がりの富士山を眺めることができました。
その日は距離にして17kmくらい、時間にして9時間の本格的な山行になりました。実は今週の木曜日にも山登りに行く予定なのですが、それをもってして今年最後の山おさめになることが決定しています。
登山口までケーブルカーで行き、登りが2時間弱、くだりが1時間の山登りの初心者と共に行くごくごく一般的なコースを歩く山登りです。それでも、頂上ではスープを作ろうかなとか、一緒に行く人の足りない装備をどう補填するかなどといった準備に余念がありません。
せっかくそうした山登りに興味を持った人たちと行くのですから、もう山登りなんかしたくないと言われないように楽しい思い出が作れればいいなあと思っています、お天気も今のところは雨の心配もなさそうなので。
キレイモ京都店の予約はこちら!【全身脱毛キャンペーン中】

続きを読む≫ 2015/07/28 23:56:28

この前、とてもほのぼのとしたことがありました。それは、バスを久しぶりに利用した時に、そのことにあったのです。それは、足が少し不自由な人がのってきた時、そばにいた人が、その人が乗る時に手助けをしている姿をみて、とてもよいことだとおもったのです。
そしてそれは、そのバスにのっていた多くの人がそのように感じたと思っています。そのことは、極自然な感じで行っていたので、その行動についても、素晴らしいとおもったのです。
またそのことは、その人が降りるときにも、感動する事ができたのです。それは降りるときには、その人の周りにいた多くの人たちが一緒に手伝ってその人のことを支えているのでした。
またそのことをバスの運転手も、のっている私たちも見守っていたのです。そしてその人が無事に降りることができると、発車をしたのでした。朝の忙しい時間だったと思いますが、その光景を見たとき、やっぱりこの街の人は人情深いと思って、ずっとこの街で住みたいとおもったことでした。
キレイモ 学割

続きを読む≫ 2015/07/27 22:08:27

新聞を見ていた時、褒めるということについての記事がありました。その記事の内容をみると、子供を褒めることはもちろんのこと、そこには大人も褒めることが大切ということが書かれてありました。
その記事を読んだ時、そのことは本当に大切であるとおもうことができます。それは、褒められるということを嫌がる人はいないからです。そして褒められることによって、ほとんどの人は、自分に対して自信をもつことが出来、前向きな気持ちをもつことができるようになると思っています。
そのため、その前向きな気持ちを持って欲しいと思ったら、もっと褒めることをするとよいと思っています。
しかし、褒めるということは、口ではそう言って分かっているつもりでも、実際にわたしもそんなに子供に対して、していないと思っています。そのため、人を褒めるということは、自分なりにその人に対して、意識をして褒めることが大切と思うのです。
そしてそれを自然にできるようになると、本当に素晴らしいことであると思っています。
新潟 キレイモ 予約

続きを読む≫ 2014/12/10 00:08:10

それ自体に強く味が付いていないと好きになれなかったために、うどんやおそばが好きではありませんでした。
同じ麺類でも、ソース焼きそばや、スパゲッティナポリタンなどは好きな麺類だったといえます。
トマト味、ソース味、いまなら、クリーム味も好きなのですが、その一方で、体調によっては、あっさりとやさしい
卵スープ味をいただきたい日もあります。にゅうめんも良いなとか、カツオのおだしがきいた麺類も良いな、など
以前では考えられなかったことを最近は、思いつくようになったということです。
薄味になれておかないと、年々、健康をいやがおうにも考えなければならなくなるんだからね、と言われたことも原因かもしれません。
キャベツを水に入れ、電子レンジで加熱、引き上げてドレッシングでいただき、お湯は味噌汁を作って飲む、
こう言う生活でダイエットしたのは、最近の事です。
こってり、しっかり系から、次第に変化してきて、苦手だった食品も普通にいただけるようになったのは、よかったと自分では思っています。
キレイモ 梅田

続きを読む≫ 2014/10/26 21:37:26

私は時々、自宅で友人と一緒に食事会をしたりしています。今の女子会という感じになっています。年齢は少し高いのですが、女子はやっぱり友人と一緒に話をしたり、食べたりすることが1番、楽しい時間であると思っているのです。
そしてその時は、お互いが料理を持ち寄ってくることにしています。料理を私が全て作るとなると、時間がかかるし、そのような料理のレパートリーも持ち合わせていないからです。
またほかの人が作ったものを見てみたいという気持ちもあります。そのことから、料理を持ち寄って食べることにしています。
そしてその時、食器についても使い捨て容器をつかうことにしています。それも、気軽に気楽に楽しい時間を存分に使いたいと思って、工夫をしたものです。
そうすることによって、気兼ねをすることもありません。
そしてこの前の会の時に、友人がもってきてくれた紙コップが話題になりました。その紙コップには、色々な景色が書かれてあって、どれを見ても違っているので、それをみることで盛り上がることができました。
キレイモ宇都宮店の予約はこちら!【全身脱毛キャンペーン中】

続きを読む≫ 2014/10/19 22:50:19

私は家族と一緒に実家暮らしをしています。
母親もすでに60歳を過ぎてしまったので若い頃のように夏場でも節約の為に毎日暑い中でご飯を作る事が辛いと言うようになりました。
台所にはエアコンがないのでその中でガスを使って料理をするのは私もカップラーメンを作る時に経験していますが、
短い時間だけでも汗がでてとても疲れました。
晩御飯ともなれば長い時間母親は暑い中で料理をしないといけないので年をとった母親に無理をさせるのは可愛そうだと思いました。
私はお金がかかってしまっても外食に行く回数を増やす事にしました。
子供の頃とは違い自分でお金を稼げるようになったので代金は私と兄が負担する事にしました。
地元の近くは競争が激しいので和洋中と安いお店がたくさんあります。
夏場は食欲が落ちるので注文する品数も少なくなりその分格安の少量のメニューを注文できる事から外食をしても負担額は少ないのでお財布にも優しいです。
自宅で作るほうがそれでも費用は安いのですが食材費や光熱費以外に作ったり後片付けの時間も入れてしまえば十分外食の方が価値があります。
外食で少しでも母親が楽に生活できたら私は十分嬉しいです。
キレイモ大宮

続きを読む≫ 2014/08/10 23:14:10

暑い日が続いていますね。
夏といえば、お祭りや花火大会、海にバーベキュー。といろいろなイベントがめじろおしですね。
夏を満喫したいけれど、この暑さにくわえて人の熱気で正直まだ夏を満喫できていない今日この頃です。
そんな中、近所をお散歩中にかわいいお花屋さんをみつけました!
太陽を浴びながら色とりどりのお花屋や木が元気よく上を向いていましたよ。
お花をみているとなんだか懐かしいにおいが…
これは!とにおいのする方向へ行っていると、やはり蚊取り線香。
今はいろいろなタイプのものがでていますが、あの昔ながらの渦を巻いた蚊取り線香!
なんともいえない懐かしい、なにか昔の情景が思い浮かぶような、大好きなにおいです。
それでもお花屋さんのお姉さんは、たくさん蚊にさされていましたけど… 笑
こんなに身近に夏を感じられるものがあることを忘れていました。
さっそく帰りに渦巻きの蚊取り線香を買って、自宅へ。
その日はクーラーを消して、網戸にしベランダで蚊取り線香をたきながら過ごしてみましたよ。
それだけのことなのに、なんだかいつもとは違った一日になったような気がします。
昔ながらだけど、なんだか新しい夏の楽しみをひとつみつけたようで嬉しい日でした!
ミュゼ池袋

続きを読む≫ 2014/08/10 23:14:10

7月も早くも終わり8月に入ってから本格的な猛暑が続いていますね。皆様熱中症で倒れたりしていませんか?
私は家の中にいるのに倒れました。家の中にいるにも関わらず…です。
暑い日が続くと食欲も減退していきますが、私はそんなことはなく、むしろ日に日に食欲は増してきています。
太る前兆でしょうね。そんな予感も確信的なものに変わってきているのが、先日体重を計ったら10kg以上太っていたことです。
体格的には痩せてきて丁度良くなってきていたのにも関わらず…。
その暑い夏の日に先日土用の丑の日がありましたよね?あれは、悪夢です。
友人たちから「鰻食べた?」と聞かれて何のことか分からず「?食べてないよ?」と答えたら気付いたらその前日が土用の丑の日だったのです。
みんなが鰻を食べている中、僕だけ仲間外れです。悲しきかな、我が財布事情。
そんな僕の夏の日の過ごし方は基本的にエアコンをつけてグータラすることです。
素麺でも食べて、漫画を読んで、涼しい部屋でお気に入りの音楽を聴きながら…。
こんな日々だから太るのですね。
ミュゼ福岡

続きを読む≫ 2014/08/10 23:14:10

昨日、姉から久々に連絡がきたのですが、なんと、実家をリホームしているとのことでした。
なんの相談もなく、私が青春を過ごした部屋はなくなっていました。
なんか悲しいような寂しいような変な気分なのです。
しかし、実家を建ててから、数十年経っていたので、いい機会にリホームしたなっと思います。
帰る部屋は、無くなってしまいましたが、新しい実家にお客様気分で帰るのも悪くないかもしれないと、今では、思えます。
どのようなリホームを行うかといいますと、キッチンは、南向きの対面キッチンにして、畳だった居間をフローリングにしてリビングにするそうです。
また、キッチンからお風呂場などの水周りに回れるようにするようです。
完全に姉希望ですね。しかし、ちびっ子が居る場合は、このようなつくりの方がいいですよね。
また、親とも一緒に住んでくれるというところがありがたいところです。
本当は地元に帰りたかったのですが、仕事の事情で帰れなくなってしまっていたので、姉に感謝です。
ミュゼ上野

続きを読む≫ 2014/08/10 23:14:10

今私は、「やつら」と戦っています。
先週の日曜から急激かつ大量に姿を見せるようになった「やつら」は、台所の壁やシンク、パソコン用デスクの上、冷蔵庫の扉部分と本体のわずかな隙間、さらにはお風呂場に至るまで、とにかくところ構わずエンカウントします。
…そう、やつらとは、「ゴキブリ」の事です。
ひどい時には1日6匹ぐらい退治したでしょうか。
特にシンク周辺のエンカウント率が高く、一度に3匹との戦闘を余儀なくされたこともあります。
念のため言っておきますが、部屋が汚いわけではありません。
少なくとも私の部屋を「ゴミ屋敷」と評価する人はいないでしょう。
むしろ、連中のえさとなる髪の毛や食べかすなどが無いよう、かなり気を使って掃除をしているため、綺麗な部類であると言えます。
そして、ゴキブリホイホイやブラックキャップなどのゴキブリ対策もいろいろしてきているため、全く無策というわけでもありません。
しかし、出る…!
いったいどこから連中が侵入してくるのかすらわかりません。
何で急にわくようになったのか…誰か助けてぇ〜…。
ミュゼ大宮

続きを読む≫ 2014/08/10 23:14:10

ホーム RSS購読 サイトマップ